• us4iriomote

星が教えてくれること




こんばんは。今日は8月の満月。今夜も、西表島からエシカルラジオお届けします。

本コラムは、SpotifyYouTubeで音声コンテンツとしても配信しています。


(2022年8月12日19:30〜配信スタート)




===


#09 星が教えてくれること


よく晴れた夏の夜、西表島で見る星空は、

まさに「満天の」と呼ぶにふさわしい。


南の空から東側の頭上にかけて

ミルクをこぼしたようにぼんやりと広がっている帯は、

島の言葉で「てぃんがーら」と呼ばれる天の川。


赤い一等星を持つ蠍座や、夏の大三角形もあるけれど、

星の数があまりにも多すぎて簡単には見つけられない。


それもそのはず、西表島は88ある星座のうち

84もの星座を観測できる日本でも数少ない場所のひとつ。

晴れた日には、なんと4等星まで見えるのだ。


砂浜に寝転んでしばらく空を眺めていれば、

苦労もなく、いくつもの流れ星を見つけることができる。


こんなにも美しい星空を、島の人は毎日見ているのかなぁと

あるとき聞いてみたら、「普段はあまり星は見ないよ」というその人は

「どうしても困ったことがあるときには、天を見上げてお願いするよ」

と、話してくれた。


降るような無数の星々に包まれて感じるのは、

大きな大きな宇宙の中の、自分の存在のちっぽけさ。


今、見ている星のきらめきが何万年、何億年も前に放たれた光だと思うと、

星の瞬きほどの「一瞬」しかない自分の人生を、

もっともっと楽しまなければと思うのだ。




閲覧数:62回0件のコメント

最新記事

すべて表示

島の藍色