• us4iriomote

映画、生生流転。そのタイトル誕生秘話

更新日:11月14日




こんばんは。今日は11月の満月。今夜も、西表島からエシカルラジオお届けします。

本コラムは、SpotifyYouTubeで音声コンテンツとしても配信しています。

(2022年11月8日19:30〜配信スタート)


今回は、西表島の滝のお話。映画「生生流転」監督の仲程長治さんのエッセイ、後半です。




 

生生流転



映画の撮影のために西表島に通っていたとき、

壮大な滝の映像を撮りたいと思っていた。


何人かのガイドさんに話を聞いたところ、

何度も名前が上がったのが「マヤグスクの滝」だった。


地図を見ると「マヤグスクの滝」は島のちょうど真ん中あたりにあって、船と歩きで往復8時間はかかる秘境の滝だという。



僕たちには撮影という任務があるので、通常の行程に加えて「カメラ機材の重さ」と「撮影時間」という2つの足かせがある。


自分のカラダと機材をできるだけ軽くして、撮影時間を確保するために早足で歩いたが、計算外だったのはヒルとの戦いで、途中、川で何度か足を洗い流す羽目になった。


ただ、そうしたすべてを差し引いても、マヤグスクの滝は素晴らしかった。歩き始めて3時間が過ぎたころ、だんだんと滝の水音が近づき、目の前にその白い姿が現れたとき、身も心も一気に原始に押し戻された。





「マヤグスク」というのは島の言葉で「猫の城」という意味。ヤマネコの島の中央にそびえる、城のような滝とはよく言ったものだと思ったが、「マヤグスク」は愛称で、正式な名称は「イタシキの滝」というそうだ。


帰り道、滝から清流を下り、川から海へと向かう船の中で、

この島の水が絶えず流れて巡り、

そのすべてが繋がりあっていることを強烈に感じた。


そのとき、映画のタイトル「生生流転」が浮かんだ。


閲覧数:28回0件のコメント

最新記事

すべて表示

滝の効能