• us4iriomote

映画『生生流転』みなさまからの声のご紹介


公開から、8ヶ月が経ち、あと少しで9万回再生に到達する『Us 4 IRIOMOTE the MOVIE 生生流転』。映画を観て下さった多くの方から、嬉しい反響をいただいております。本当にありがとうございます!


今日、ご紹介するのは、アコーディオニストで、作曲家のcobaさんからコメント。cobaさん本当にありがとうございます。

 

「自然界では強いものが弱いものを助けます。

一方的に利用するものは、利用するものが居なくなった時に滅びてしまうから。」

西表島で40年間ツアーガイドをする森本さんの言葉が胸をえぐる。


奪い尽くし、獲り尽くす者には滅びの道しか残されていないのだと、

島の賢者たちは警鐘を鳴らす。


生態系の頂点に立つと自負する我々人間は、

自然からの全ての恵みを尊敬し、自分より弱い者に優しくならなければ存続できない。

あるいは存続する意味がない。


だって我々こそが自然の循環の一部だから。

島の自然と呼応しながら流れるように生きる人生がそこにある。


この映画には、我々が最近作り出したエコやSDGsといった言葉では到底語りつくせない

生きる意味、人生を紡ぐ本質が描かれている。

 

映画へお寄せいただいたコメントは、こちらでご覧いただけます!

ぜひ、ご覧ください。




閲覧数:207回0件のコメント