• us4iriomote

島のごちそう


こんばんは。今日は11月の新月。今夜も、西表島からエシカルラジオお届けします。

本コラムは、SpotifyYouTubeで音声コンテンツとしても配信しています。

(2022年11月24日19:30〜配信スタート)



 

#16 島のごちそう


旅の醍醐味のひとつに、

その土地ならでは食べ物がある。


西表島でいえば、まず春夏のパイナップル。

そしてもうひとつが、これからシーズンを迎える冬のカマイだ。


カマイというのは、西表島の言葉でイノシシのこと。


イノシシの肉は本土でも、ジビエや「ぼたん鍋」などでお馴染みだが、

西表島のイノシシは「リュウキュウイノシシ」という

本土のイノシシよりも少し小さめの亜種になる。


その味は、とろけるような甘味のある脂と、濃厚な旨みのある赤身が本当においしくて、

いわゆる獣(けもの)くささはまったくない。


聞いた話によると、西表島のカマイはジャングルを駆け回り、

山のドングリや椎の実を主食にしているので、

肉にはイベリコ豚のような旨み成分があるという。


日本では、毎年11月15日から2月15日まで狩猟が解禁となるので、

西表島でも今年のカマイ猟がはじまったばかり。


シーズンのはじまりには、カマイの霊をなぐさめ、山の神にご挨拶する安全祈願祭があり、

猟師自身がつくった「はねわな」を獣道にしかける。

そして、獲ったカマイは猟師自らが肉をさばいて、すべての部位を余すことなくいただくそうだ。


島の人たちにとっては田畑を荒らす厄介者でもあるカマイだが、

昔から貴重なたんぱく源として食してきた文化があって、

なくてはならない大切な存在だ。


旅人である私たちは、「山の神様からの恵み」を少しお裾分けしていただいているわけだが、カマイの肉を食べてその満ちあふれるような生命力にふれると、

「おいしい」という言葉とは別のところで、普段すっかり忘れていた

「命をいただいている」という感覚が呼び覚まされるような気がする。




閲覧数:27回0件のコメント

最新記事

すべて表示

滝の効能