ドキュメンタリー映画

Us 4 IRIOMOTE Movie
 西表島の「明日」をつむぐ4つの物語

2020年 秋 完成予定

美しい西表島の四季をキャプチャーする仲程長治監督によるドキュメンタリー映画を製作。​島の文化を継承する石垣金星・昭子夫妻を中心に、その島の文化や自然を守ろうと奮闘する人びとを追います。

About the Movie

2年以上に及ぶ撮影。

美しい自然と、人びとの暮らし。

そして環境問題から見える、

現代社会への警鐘。

本映画は、石垣生まれの写真家、仲程長治(ナカホド チョウジ)監督により、2018年春に撮影がスタート。

 

以来、四季折々の神事や人びとの暮らし、世界に100頭しかいないと言われるイリオモテヤマネコを保護する人びと、海洋プラスティック問題や、環境破壊が起きている現場とその解決に奮闘する人びとの姿など、西表島がもつ様々な表情を写し撮ってきました。

 

本編は4つの物語から構成され、別々の物語が、まるで縦糸と横糸のように交じり合い、時に絡まりながらも重なり合って、西表島の「明日」という1枚の布がつむがれていきます。

​監督、仲程長治からのメッセージ

「東洋のガラパゴス」「日本最後の秘境」「イリオモテヤマネコの島」…西表島を端的に表現するフレーズは、そのどれもが正しく、そして、どれもが圧倒的に言葉足らずでもあります。

訪れる人を惹きつけてやまない西表島の魅力は、世界に誇れる貴重な自然だけでなく、その歴史や文化、そして、島と共に生きる人々の暮らしとの関わり合いの中にこそあるからです。

「すべての存在はつながっていて、すべてのことに意味がある」訪れるたびに新しい顔を見せてくれる西表島に、そう教わりました。この島に生きるすべての生命(いのち)への敬意をこめてこの映画をつくります。

仲程長治 | Choji Nakahodo | シネマトグラファー 1959、沖縄県八重山郡石垣市字石垣(石垣島)生まれ。島生まれ、島育ちならではの視点と独特の美的感覚が高く評価され、国内外で写真展覧会を開催。2017年冬より開催されている「やんばるアートフェスティバル」では総合ディレクターに就任。多岐に渡る活動のテーマは「琉球・沖縄の陰翳美」。島独特の「色」と、身近な自然から得るインスピレーションを、グラフィックデザイン、カリグラフ、写真、映像等で表現し続けている。オフィシャルサイト:www.choji.net

SUPPORTED BY

Us 4 IRIOMOTE   © 2020 Us 4 IRIOMOTE